天女魚庵

amagoann.exblog.jp ブログトップ

Best Season・Best Fishing! ('07.5.12釣行)

京都からはるばる4時間。ここ奈良の十津川村までは高速道路も京奈和自動車道のわずかな区間のみで、随分と時間の掛かる場所です。それでも睡眠不足の身体に鞭打って来るのは、無垢な天然アマゴと、深山幽谷の渓流、古の昔にタイムスリップした錯覚に陥らせる美しい村々の光景、全てが魅力的な「聖地」だからです。今回はその支流の、K谷に狙いを定め、毎度おなじみ会社の同僚M君とやって来ました。
a0079652_22291977.jpg

                                                        



はるばるやって来たのに、林道終点には釣り師と思しき車が。さすが土曜日だけあって、こんな山奥にも来る物好きがおるんやな~・・・と、とにかくバッティングを避けて、30分ほど杣道(そまみち)を歩きます。餌師は何処だ・・・と目を凝らして川面を探しますが、樹間から垣間見る渓相にもう居ても立ってもいられません。構わず水辺に降り立ち、久々の釣り上がりを楽しむこととします^^幸いにして先行者は他の支流に入ったようです。ブッシュも少なく、充分フライもキャストできるスペースで、2人で交互に釣り上がるにはベストな渓の大きさ。そして足元からは小さいながらも明らかにアマゴと思しき魚影が此処彼処に走ります。ゆっくりと恒久の時間を楽しむ間もなく、水面が割れたと思うと、先ずはM君に初ヒット!彼は今シーズン、貧果なボクを尻目に近郊河川で2桁釣果を立て続けに上げるなど、近年成長著しい期待のホープです^^ 「どうです、これで最近の爆釣を信じてもらえましたか?」 なかなか闘争心を煽るセリフですね^^; しかし焦るボクにも程なくヒット!20cm強程ですが、小気味良い竿先に伝わる振動は無垢なあめのうお^^
a0079652_22374988.jpg
ここからがこの渓の核心部。上流に行けば行くほど魚影が濃くなり、場所によっては同じポイントで4~5度ヒットする、まさに入れ食い状態。 5匹目位からはフライの交換も必要無く、さすがにやりすぎ!と思わせますが、時に25cm級もヒットしてとにかく楽しませてくれます^^
a0079652_2248961.jpg
a0079652_2250999.jpg
M君とダブルヒットに、プールでのサイトフィッシング、ともうやりたい放題^^; こんな谷がまだまだ関西にも・・・と至福の時間はあっという間に過ぎていきます。しかしドラマは更にラストシーンで起こりました
                                                                谷間の日暮れはこの時期でも早く、帰路を考えるとそろそろ撤収の時間。お決まりのようにこの谷最大と思われる大きな淵に辿り着きます。コレがラストキャストかな・・・と思い、淵の中でもやや流速のある、対岸の大岩沿いにライトケーヒルパラシュートを流すと、決して派手な出方ではなく、スッと吸い込まれるようにインジケーターが消えます。流れに揉まれたか?と思ったが、合わせを入れるとズンと重い魚信が!同時に水面下がギラギラと光ったかと思うと、強烈な引きで下流に走り出します。コレは明らかに大物と確信。必死で走りを食い止めますが、カムパネラのショートロッドに7xティペットでいいように岩の下に潜られます。いなしていなして、切れるなよ・・・祈りながらの必死の格闘の末、Haruさんのネットに納まったのは、尺には足りない28cmですが、野性味溢れるこれぞ十津川のあめのうお!
a0079652_2323178.jpg
a0079652_2354818.jpg
a0079652_2365963.jpg
嬉しがって、随分ポーズをとってもらいました^^; 最後を飾るに相応しい大物に感謝の気持ちを込めてリリースして、本日は納竿。2桁釣果に自己記録更新の天然アマゴ。今シーズンの不振を払拭する、怖いくらいのベストな釣りを堪能してきました。ブログをご覧の皆様、当店は仕入れミスによる半休業状態が続いてましたが、沢山仕入れてきましたので、またお立ち寄り下さいね^^
a0079652_2336197.jpg

[PR]
by amagoann | 2007-05-15 00:13 | '07 Fishing Trip
line

当店の自慢は店主がフライで釣ってきた天女魚(あまご)です。どうぞたっぷりとご賞味下さい(品薄状態が多々ありますので、品切れの際は悪しからずご了承下さい)。


by amagoann
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite